Mac OSバージョンアップの記録 (Yosemite からHigh Sierra)

諸般の事情で長らくYosemiteを使っていたのだけど、いよいよバージョンアップせざるを得なくなったのでその記録( 2018.01.31時点 )

対象端末

  • Mac Pro Mid 2010
  • Realforce 91U使用
  • Yosemiteインストール済
  • Hi Sierra 10.13.3に移行

バージョンアッププロセス

バージョンアップは、別HDDにCarbon Copy Clonerで完全バックアップを作成してそちらをバージョンアップ。元の環境は一旦残しておく。

OSのバージョンアップを選択すると、まずハードのファームアップ警告がでる。一旦電源が切れて自分で電源を長押しせよとのこと。

電源ボタンが点滅するかブザーが長くなるまで押し続けろといわれたので、点滅した時点まで押して手を離した。しかしこのアクションだと起動した後に、再びファームアップの警告が表示されて失敗。

2回目は、点滅してブザーが鳴り終える終えるまで電源を押してみた。すると、起動時にアップルマークが表示された際の現れるバーが通常より太いものが表示されてファームアップが無事実行される。

OSバージョンアップでは、途中でiCloudのパスワードを求められたが、Yosemiteとちがってツーファクター認証に正常に対応しているので、コード入力画面がでてスムーズ(Yosemiteの場合は1回目に必ず失敗する。この失敗時に別端末にコードが送られ、2回目に通常のパスワード+コードを続けて入力するという変わった方式を取る必要が合った)。あと、iPhone側のパスワードも入力せよといわれたのが、不思議な感じだった(※ のちにバックアップ元のオリジナルのHDDのOSもHigh Sierraにしたのだが、その時はiPhone側のパスワードは必要無かった)

そして、iCloudに書類配下を全てアップするかというのが出たが、1Tを超えているので、ここはやめ。他は特に躓くこと無くスムーズなバージョンアップだった。(※ こちらも後にバックアップ元をバージョンアップした時には問われなかった。この辺CCCのバックアップであってもクラウド側に送っている情報が異なる模様)

非互換

インストールが終了した時点で、画面に非互換のリストが幾つか出た。以下はその中で気になったもの

動作しない一覧に表示されたもの

  • iStats Menu – バージョン6で対応版が出ている模様。
  • Gutenprint
そして、OS起動後に確認した各種アプリと現状が以下の通り

動作しなかったが対応できたもの

  • Bartender – バージョン3系にアップデードすることで動作。バージョンアップ費用は約1700円。ただし、画面表示の方式が変わったのでちょっと不便かも。しばらく試用してみるつもり。
  • Default Folder X – Version4を使っていたのだが、4は10.10で終わっているようなので5にバージョンアップ。これがないと通常作業に支障がでるので怖かった。バージョンアップ費用は約$20。
  • ESET Cyber Security Pro – 起動したら10.13はサポートしてないとの警告。ガイドに従ってバージョン6.5にアップデートしたら正常動作。設定も引き継がれていてOK
  • Final Cut Pro – High Sierra版をインストール。全データのコンバートが必要であったけど無事完了。画面レイアウトが大幅に変わっていたけど、使いこなすのはできそう
  • Game Capture HD – これは一応動作していたが、バージョンアップ警告がでて対応するとクラッシュ。どうもバージョンアップが中途半端なバージョンにあげようとしてクラッシュしていた模様。手動でバージョン2.9にアップしたら動作
  • iStats – バージョン6から対応していたので新版をインストール。バージョンアップ費用は約850円
  • Kiritori – これは完全に動作しない。Fuwari という別アプリがリリースされたいたので、そちらに乗り換え。ほぼ同じ動きができる。
  • Karabiner – これはKarabiner Elmenetsに集約されたいたので、そちらで対応した。設定方法は、こちらを参照 – ここ 。念のため自分の設定もスクリーンショットを取っておいた。F13になっているキーは、システム設定から設定できる(キーボード > ショートカット > 入力ソース > 前の入力ソースを選択で「半角/全角」キーを押すとF13と設定される)
  • OmniGraffle – 旧バージョンは起動時にクラッシュしたので、バージョン7にあげたら正常動作。細かい差はあるけど使える。バージョンアップ費用は約$50
  • OmniOutliner – こちらも同様に起動しない。バージョン5にあげたら正常動作。バージョンアップ費用は約$5
Karabiner個人設定

動作しなくて確認中のもの

  • Parallel DeskTop – これはバージョンアップ警告が出ていたのでバージョンアップ予定
  • ScreenFlow – バージョンが古すぎるのかXマークが表示されたまま。回復方法は要調査

最初から動作してるようにみえるもの

【入力系】

  • Automater全般 – Ruby系のスクリプトは正常に動作するが、Automaterで作成したアプリは新しいAutomaterで読み込んで保存し直さないと動作しない
  • Alfred2
  • CotEdit – 旧版と新版の両方
  • Google IME -登録単語の引き継ぎ可
  • Instashare
  • JoysticMapper
  • MarsEdit – ただし正式対応はバージョン4からの模様。試したのはバージョン3
  • NoteBooks
  • PopClip
  • Pathfinder 7.6.2 – Nasアクセス時のバグも修正している模様
  • Scrivener 2.8.1 – 新版が出ているのでそちらは未検証。旧版は動作
  • TextExpander
  • Visual Studio Code

【コミュニケーション系】

  • AirMail2
  • Line
  • Overcast
  • Sparrow1.6.4
  • Slack
  • Skype
  • Yorufukurou
  • Twitter

[静止画・動画関連]

  • DxO10 – 最新は11か12だが正常動作
  • LoopBack – 動作するがYetiがバーチャルから実際のデバイスとして認識され直していたので再設定が必要
  • OBS
  • PhotoBulk
  • Snapseed
  • Sharpbox
  • ToyView
  • VLC
  • WireCast

【小物】

  • 1Password 6.8.6
  • AmazonMusic
  • Evernote
  • ipMessage
  • iTerm
  • PS4リモートプレイ
  • Steam
  • Soulver

【デバイス類】

  • キャノンプリンター – MacMini経由出力。リモートスキャンは未使用なので未テスト
  • PowerMate – 音量上下とFinalCutでの拡大縮小を確認
  • Scansnap – 試し読み取りで正常動作を確認
  • Tartarus – 管理アプリからの認識を確認。文字入力も行えている
  • Yeti – 音声入力デバイスからの入力を確認

未調査

  • Amadeus Pro – 動作しないらしいという話を聞いたことがあるので気になる。
[`evernote` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

ジムで対戦するときの相性メモ

ポケモンGOのジムで対戦するときに、ポケモンとの相性が非常に問題になるので、ジムでよく見かけるポケモンの傾向と対策を整理 (2016.07.31時点)。パッチが頻繁にあたるので、その時には見直し予定。

カイリュー

ポケモン

カイリュウはHPが多く2016.07.31現時点ではあちこちのジムで見かけるボス的な存在で、タイプは「ドラゴン/ひこう」のポケモン。

効果がバツグンの相性を持つものは以下のとおり

  • ドラゴン向け
    • こおり / ドラゴン / フェアリー
  • ひこう向け
    • いわ / でんき / こおり

こおりが「ドラゴン」にも「ひこう」にもバツグンなので相性良し。

逆に、「ほのお」「みず」「でんき」「くさ」はドラゴンには効果が悪く、「かくとう」「じめん」「むし」がひこうに効果が悪い

ナッシー

ポケモン

ナッシーは「くさ/エスパー」タイプでこれもHPが多くてタフなのが特徴。

効果がバツグンの相性をもつものは以下のとおり

  • くさ向け
    • どく / ひこう / むし / ほのお / こおり
  • エスパー向け
    • むし / ゴースト / あく

むしが、「くさ」にも「エスパー」にもバツグンなので相性良し。

逆に「じめん」「みず」「でんき」「くさ」はくさに効果が悪く、「かくとう」「エスパー」はエスパーに効果が悪い

カビゴン

ポケモン

カビゴンもHPが多くジムによく座ってるのを見かける。技の調整が2016.07.31時点で行われてるようだが、硬いのは変わってない。タイプは「ノーマル」

効果がバツグンの相性をもつものは以下のとおり

  • ノーマル向け
    • かくとう

ノーマルタイプだけに平均的なものが多く、弱点が「かくとう」だけというのがいやらしい。「ゴースト」は効果が弱いので、HPの多さとあいまって使わないほうがいい。

シャワーズ

ポケモン

イーブイから「みず」「ほのお」「かみなり」の3系等に進化できるのだが、このシャワーズが比較的HPが高いものが発生しやすいようで、ジムで見かけるのはシャワーズが多い。タイプは「みず」

効果がバツグンの相性を持つものは以下のとおり

  • みず向け
    • でんき
    • くさ

みず単体属性なので、シャワーズも弱点が少ない。HPもそれなりにあるので、上記のどちらかで攻撃したいところ。「はがね」「ほのお」「みず」「こおり」系は効果が弱いで、この辺りは避けたい

サンダース

ポケモン

こちらもイーブイから進化できるポケモン。でんき系の技が多いので、「カイリュー」「シャワーズ」対策に都合が良いのかしばしば見かける。HPはさほど多くないことが多い。

効果がバツグンの相性を持つものは以下のとおり

  • でんき向け
    • じめん

サンダースが弱点としているのが「じめん」だけなので、これは抑えておきたいところ。効果が弱いのは「ひこう」「はがね」「でんき」の3種類。

カイロス

ポケモン

さほどHPが多いわけではないが入手性が非常に良いことと、「かくとう」の技を持っていることが多いので、前述の「カビゴン」対策によく出てくるポケモン。タイプは「むし」

効果がバツグンの相性を持つものは以下のとおり

  • むし向け
    • ひこう
    • いわ
    • ほのお

単体属性のわりに、むしは3系等が弱点なので比較的攻撃しやすい。ひこうは「ピジョット」や「ゴルバット」といった入手性がよいポケモンが多く持つ技の属性なので、その辺りでの対戦なら組みやすい。効果が弱いのは、「かくとう」「じめん」「くさ」の3種類。

[`evernote` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

浅草七福巡り-後編

2014年の夏に浅草七福巡りをしてきたのですが、その前半の3箇所しかアップできていなかったので、残りの書いておきます (前半3つのブログはこちら – 浅草七福巡り)。

残りの6箇所は以下の通り。

  • 今戸神社
  • 不動院
  • 石浜神社
  • 鷲神社
  • 吉原神社
  • 矢先神社 

まずは、岩戸神社。初めての時に3つめにお参りした待乳山聖天(まつちやましょうてん)から割と近い位置にあります。ここは、沖田総司が亡くなったとされる場所でもあり、招き猫の原型を作り出した場所とも言われている神社ですね。境内にも沢山の猫の置物が置かれています。

岩戸神社

ここの狛犬がシャープで格好いいデザインだったので少しアップ。

岩戸神社-狛犬

岩戸神社は、福禄寿様を祀られているので、そちらの御朱印を頂きました。福禄寿様の印のデザインがかわいらしいですね。

岩戸神社-御朱印

そして、不動院。比較的小さな院で、うっかり歩いていると見逃すかもしれません。

不動院

福禄寿様を祀られているのですね。こちらはお寺系なので、納経帳に書いて頂きました。勢いのある福禄寿様の字がいい感じですね。納経帳に書いて頂いている御朱印は、日付けが入ってないものが多いきがするのですけど、この辺は神社で書いて頂くものと何か違いがあるのかしら。

不動院-御朱印

次が石浜神社です。ここが浅草駅から一番遠いですね。夏の暑い時分はここまであるくとかなり汗だくになります。

石浜神社

ここは一番奥に少し顔が縦に潰れた感じの狛犬が置かれていて、風格といいデザインといい最高です。

石浜神社-狛犬

呍側の狛犬の背にガスタンクが見えるのも、何とも現代風でユーモラスです。

岩浜神社-狛犬

石浜神社では、寿老人様が祀られていましたので、そちらの御朱印を頂きました。中央に押されている鹿が子鹿でしょうか。寿老人が連れているといわれている鹿をイメージしているのだと思いますが、かわいらしい印章です。

石浜神社-御朱印

2回目の七福巡りはこの3箇所でした。かなり汗だくになって、帰りはバスで浅草駅まで帰ってきました。ちょうど、隅田川の花火大会の日と重なってしまったので、人混みも多くて大変でしたね。浅草では各種のお祭りも多いので、そのあたりとぶつからないようにしないと混雑して大変かもしれません。

そして、日程を改めて3回目の最初が、鷲神社です。

鷲神社

ここは酉の市の発祥の神社と言われている場所で、駐車場側にはそれが大きく掲げられています。

鷲神社

 

それを示すように正面の鳥居の左側には、巨大な熊手がつられていて酉の市の雰囲気を出しています。

鷲神社

そして、奥のお賽銭箱の上には、巨大な木彫りのおかめが据えられていてこれはびっくりです。これは、なでおかめと呼ばれていて、なでる箇所によって様々な御利益を頂けると言われています。いろんな神社がありますねえ。

鷲神社

鷲神社では、寿老人様を祀っていらしたので、そちらの御朱印を頂きました。こちらも石浜神社と同じく、寿老人様なので、鹿の印章が入ってますね。

鷲神社-御朱印

鷲神社からほど近い場所にあるのが、吉原神社です。

吉原神社

ここの鳥居横に置かれている狛犬が少しデザインが変わった狛犬でして、

吉原神社-狛犬

ちょっと怪獣っぽい感じの狛犬なんですよね。呍の方の狛犬もかなり独特なデザインになってます。

吉原神社-狛犬

奥の社がこちら。上に並べられている提灯がなんだか目を引きました。

吉原神社

吉原神社は、弁財天様を祀られているのですが、御朱印に蛇のデザインが入っている非常に珍しい御朱印になってます。印章は弁財天のもつ琵琶が描かれていますね。

吉原神社-御朱印

最後が、矢先神社。ここはちょっと離れていて歩くとそれなりに距離があります。かっぱ橋道具街の方を通っていきますから、そのあたりを覗きながら行くと楽しいかもしれません。私が行った時は、8月15日。まさにお盆でしたので、見渡す限りのお店が閉まっていて、こんなに空いてる街だっけ、等と思っていました(^^;;。

矢先神社

そして、矢先神社の狛犬は目がとても変わっている(ユーモラス)なんですよね。これって最初からこうなんでしょうか。

矢先神社-狛犬

社は至って普通なのに、狛犬のユーモラスかげんが気になります。

矢先神社-狛犬

そして、矢先神社は、福禄寿様を祀られているので、そちらの御朱印をいただきました。こちらでも、福禄寿様が連れているとされる鶴の印章が入っていますね。

矢先稲穂神社-御朱印

というわけで、3回に分けて浅草七福巡りをしてきました。周りの風景を見たりしながらノンビリ歩いてきましたが、どこの神社仏閣も特徴があって楽しんでお参りできました。次はまた別の巡りをしてみようと思います。

[`evernote` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

2014年お世話になったガジェット

すっかり2015年になってしまいましたが、2014年の振り返りということで2014年にお世話になったガジェットベスト5を上げてみたいと思います。

Bose QuietComfort20

【国内正規流通品】BOSE QuietComfort20i ノイズキャンセリング・ヘッドホン(インイヤータイプ)

Bose社のノイズキャンセリングヘッドホンですね。以前はオンイヤータイプのQuietComfort3を使っていたのですが、ノイズキャンセリング機能は文句なしなのですが、ちょっと不満もあったのですよね。

  • バッテリーが切れると音が全く聞こえなくなる
  • オンイヤーなので夏場はちょっと暑い(^^;;

予備バッテリーを持ち歩くことで対応していたのですけど、それでも私がうっかり充電をするのを忘れてしまうことがあったので、バッテリーが無い状態でも音が聞こえるモデルを望んでいました。

このQuietComfort20は、インイヤータイプで小型化されていることと、バッテリーが切れても音が聞こえる(ノイズキャンセリング機能は無くなる)点で気に入っています。

ただ、ノイズキャンセリングの機構部分とイヤフォンジャックの距離がちょっと近いことからぶつかって壊れるんじゃないかな?と懸念していましたが案の定、故障して現在は2台目(修理交換対応)です。この辺の耐久性はちょっと課題ですね。もっとも、QuietComfort3の方も、1.5年に1度は故障していて3台目を使っていましたからこんな物かもしれません(Boseは古いモデルでも結構しっかり修理してくれるので、その点は好感が持てます)。

Sony Nex5R

2014年はYoutubeに動画をアップし始めましたが、その動画のほぼ全てをこのカメラで撮影しました。既に古いモデルですが、Nexシリーズで後ろ側のモニターが180度チルトするようになった初モデルで、その点が欲しくて買い換えていました。

写真の方は私の腕では文句ないクオリティティーで、動画についてもハイビジョンレベルまで問題無く撮影出来ます。

動画を連続で撮ると、本体が発熱してきて強制的にシャットダウンする制限はありますけど(すごい温度になります(^^;;)、そこは本来カメラなので仕方ないですね。

乱暴にあちこち持ち歩いていたので、ぶつけたり床に落としたりして(オイオイ(^^;;)、かなりハードに使ったおかげで、一度は写真が正常に撮影出来なくなって修理、1度自宅の床に三脚ごと倒してしまった時にパンレンズがゆがんでしまってピントが合わせられなくなったりしてますけど、別のレンズに付け替えて元気に動いてます。

いろいろガタもきているので、買い換えようかなと思いもしながら、まだしばらく現役で使っていそうです。

Sony SRS-X1

年末になって購入した青歯スピーカー。以前から検討していた青歯スピーカーは、JAMBOXシリーズなのだけど、これはそろそろ新型がでるのじゃ?と思って今回は見送ってこちらを購入。

面白い形のスピーカーで360度音が出てくるのがポイント。逆に特定の方向に音を出す事は出来ないので使う場所を選ぶことはあるかもしれない。

防水になっているので、入浴しながらPodcastを聞いたり、音楽を聴きながらゆっくりお湯につかれるようになったのでその点でも使い勝手がいい。

音はきちんとしたスピーカーレベルは期待してはいけないけど、このクラスのサイズとバッテリーの持ちを考えると頑張ってるレベル。取り回しも便利なのでお気に入り。

iPadMini2

レティナモデルになったので、購入したiPad。MacBookAirを持ってはいるんだけど、データの入力(文字を打つのはやっぱりMBAの方がいい)が少ないのであれば、こちらを代わりに持ち歩くことが増えた。MacBookAirを持ち出す機会が半分に減った感じかな。

iPhoneのテサリングでネットワークに接続しやすくなったことも持ち出しやすくなった原因の一つ。バッテリーの持ちもいいので、調べ物をしたりメールや簡単な資料のチェックならこれがあれば問題無い。普通サイズのiPadはMacBookAirと私的には競合するので、このサイズがちょうど良かった。

ただこれ、買い換え需要を次に訴えるのは大変なんじゃないかな。壊れない限りいまのところ買い換え欲求がないしな(^^;;。

Kindle White Paper

これも既に旧モデルになってしまったKindle。Kindleは第3世代のでた2010年から全てのモデルを購入してきたけど、このモデルで満足してしまってこの後は購入してない。本体の容量が小さいので本体容量が大きくなれば買い換えたいのだけど、Amazon経由で入手する本はデータサイズが小さいので、コストアップにつながる容量には手をつけないんだろうなあ、と推測する。

新しい電子ペーパーのモデルはDPIが向上しているのでさらに見やすそうではあるけれど、WhitePaperレベルでも読むには十分はDPIがあるので、今のところ満足。

Android版のKindleは重いので(それならiPadMiniで代用できるし)、今のところ食指が動いていない。本を読むためのデバイスは可能な限り軽くあって欲しいね(^o^)/

2014年にお世話になったガジェットベスト5はこんな感じ。上げてないところとして、iPhone5S(これも満足してたので6には買い換えてない)やEneloopバッテリーなどもあるけど、そちらはあまりに定番過ぎるので割愛。

2015年もなにか面白いガジェットとであるといいな(^o^)/

[`evernote` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

浅草七福神巡り

先日浅草の七福神巡りに行ってきました。といっても、まだ3カ所しかお詣りできていませんので、1/3なのですが、お詣りしたところを書いておきます。

浅草名所七福神巡りは、実際には9カ所を巡ることになっていまして、福禄寿様と寿老人(神)様がそれぞれ2カ所祀られています。

実際野場所としては、以下の場所ですね。

  • 浅草寺
  • 浅草神社
  • 待乳山聖天
  • 今戸神社
  • 不動院
  • 石浜神社
  • 鷲神社
  • 吉原神社
  • 矢先神社

まずは、浅草寺ですね。しばらく前にお参りした時は、入り口が工事中だったのですが、すっかり綺麗になっていました。

CIMG0186

そして、浅草寺に七福神のイメージはあまりなかったのですが、ここでは大黒天様が祀られています(浅草寺というと、観音様のイメージですね)。御朱印を頂く場所は、影向堂(本殿の左)ですので、他の御朱印と同じ場所です。

CIMG0211

こちらは、お寺なので納経帳に書いていただきました。

CIMG0210

 

以前にも御朱印を頂いたことがあるのですが、こちらで頂く文字はいつ見ても素敵と思います(バランスと字体が素敵なんですよね)。

そして、浅草寺本殿の向かって右隣側に浅草神社があります。ここは、明治の神仏分離によって分かれた神社ですが、招き猫の発祥ともいわれている神社ですね。

CIMG0188

こちらの神社にある狛犬が左右どちらとも女性をイメージさせるような柔らかいデザインで、かなり独特な狛犬なのですよね。獅子のたてがみの流れるラインといい、丸っこいデザインという珍しいと思いました。

CIMG0197

そして、こちらには恵比寿様が祀られています。

CIMG0208

 

浅草神社を後にして、駅から遠ざかる方に歩いていくと、待乳山聖天(まつちやましょうてん)があります。こちらは、本流院とも呼ばれる寺院ですね。こちらは巾着(商売繁盛)と二股大根(夫婦円満・縁結び)が沢山置かれているところですね(お花の他に大根をお供えするのでも有名。大根祭もあります)。

じっさい、かなり大きい巾着や、

CIMG0215

大根のデザインが方々にあります。

CIMG0225

こちらの狛犬は、よく見るタイプの狛犬さんですね。

CIMG0221

そして、こちらには毘沙門天様が祀られていましたので、御朱印をいただいてきました。

CIMG0216

今回は、時間の関係で3箇所だけお参りさせてもらいましたが、残りも近いうちにお参りしてみたいと思います。

 

[`evernote` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

川崎大師 : 御朱印とスタンプ

川崎大師で、10年に一回の「大開帳奉修」が今年(2014年)行われており、そこで赤札授与を頂けるということで参拝して来ました(5月末まででした)。

川崎大師参拝

この期間は、京急線でも先頭車両に専用の札がつけられていて、記念をアピールしていました。ちょうど、京急川崎が始発なので、そこから乗車すると簡単に見つける事ができて便利ですね。

川崎大師参拝

川崎大師では、大開帳奉修の大きな札が掲げられていて10年に1回がアピールされています。平日に参拝にいったのですが、流石に大開帳奉修の期間中だけあってかなりの人手でした ( 13時頃到着しましたが、赤札を頂いて帰ったのは16時を過ぎてました)。

川崎大師参拝

そして、参拝記念のスタンプがあるのですが、これも特別バージョン。

川崎大師参拝

川崎大師参拝

スタンプは2種類あるのですが、どちらも特別バージョンになっていますので、こちらも頂いて来ました。大開帳奉修がしっかりかかれていて、期間も書かれているので毎回これも作り直されているのですね。通常版のスタンプを頂いていないので、そちらもいずれまた頂に行きたいですね。

川崎大師参拝

御朱印の受付所の方は差ほど混雑おらずスムーズでした。特に御朱印の受付が大きく看板で出して貰えていたので、見つけやすくていいですね。

川崎大師御朱印

そして、いただいた御朱印がこちら。迫力ある御朱印でした。

以下は備忘録です。

場所
川崎大師
日時
2014年05月
費用
300円
受付
本殿右手前
備考
スタンプは本殿右横奥でした
[`evernote` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

パスワード管理ソフトについて

パスワードが必要なサイトは沢山あるものの、それをパスワード管理ソフトで管理してる方は依然として10%程度だそうです(2014.04現在)。

じゃあ、パスワード管理ソフトを選ぶときになにをポイントにすればいいの?というのを私見で書いてみます。

  1. パスワードの登録と閲覧ができること
  2. パスワードの自動生成が出来る事(文字種別や桁数の設定が出来る)
  3. ブラウザなどで入力時に入力補完をしてくれること
  4. バックアップやスマートフォンへの連携ができること

1番はまあ当たり前として、その他の3つがポイントだと思います。この全てを満たすわけではありませんが、いくつかソフトをご紹介します。それぞれ自分に必要なポイントは?という視点で見ていたければと思います。

ID Manager

Windowsだと、ID Managerとかが無償でよく使われてると思いますが、これはパスワードの記録の記録とブラウザなどへの入力補完は簡単にできますが、バックアップは、自分でDVDに焼くなりしてバックアップする必要があります。パスワード管理の最初としてとてもお手軽で便利なソフトですが、その点は注意が必要です。

Kee Pass

ほかにも無償系ソフトだと、KeePassも比較的メジャーかと思います。私は英語表記のままで使っていましたが、パスワード自動生成やブラウザへの貼り付けもできなかなか高性能です。バックアップ先としてはDropbox経由で連携できる、iPhone用の有償アプリですがあるようですが、そちらはあまり精度がよろしく無いようです。

ID Managerよりは管理するパスワードのグループ分けなどが細かく設定できて(種別とかがビジュアルで見える)、もう少し細かい内容を管理したいといった時は便利なソフトですね。

ロボフォーム

私は使ったことが無いですが、Windowsの有償で古参だと「ロボフォーム」が有名ですね。ブラウザとの連携、パスワードの自動生成、クラウドへのバックアップ(ちょっと怖いんですけどね)も含めて一通りできるようです。こちらは古参から生き残っているソフトだけあって、それなりにしっかりしているようです。

最近ではウィルス検知ソフトのノートンなども「IDセーフ」といった機能でパスワード管理を提供していますが、アカウント情報を含めて全てクラウドで管理されるので、バックアップやクラウド側がクラックされたら怖くて私は使っていません。

1Password

個人的には、1PasswordがWin/Mac/iPhone/Androidまでサポートしていて、相互にバックアップが取れて、当然1〜4は全て満たしており便利に使っているのですが、これの欠点は、「1本あたり数千円の価格(Mac,Winはそれぞれ約5000円。両方同時に買えば7000。iPhone版が900円程度します)」というところでしょうか。

いつのまにか日本語にも対応しているので、コストさえ我慢できればパソコンとスマートフォンで連携してバックアップしたり(パソコンが壊れてパスワードが全て失われるのは避けたいですよね)、バックアップファイルも出力してくれるので定期的にUSBに抜けたりするのが便利ですね。

上記にあげたソフトは有償であってもIDセーフ以外はどれもお試し版のソフトがあるようですから、まずは使ってみるのが良いと思います。

パスワードが漏れて自分の情報が漏洩したり金銭的ダメージを被るより、こうした手近なソフトで防衛してゆくのが肝心ではないかと思います。

 

[`evernote` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

久しぶりにお参りに – 稲毛神社

年明け(2014年)に体調をこわしてしまいまして、通院やらなんやらでしばらく更新できていませんでした。まだあちこち出かけられる感じでもないので、比較近くの稲毛神社 (以前御朱印で行った神社ですね – これ)にお参りにいってきました。

いつのまにか、良い季節になっていて桜の花びらが散る中気持ちよくお参りできました。

ここの特徴的な狛犬もすっかり春めいた中、再び撮影して来ました(^o^)。地を祓う狛犬ということで、下を見ているのですが、横から見ても変わった構図なのですが、

川崎稲毛神社狛犬

正面から見るとこんな感じになります。なかなかユニークな表情です。

川崎稲毛神社狛犬

もう一方は、天を祓う狛犬ということで、割と普通の姿勢。

川崎稲毛神社狛犬

夏頃になると、周りの景色も変わって、違う表情が見れるかもしれませんので、そのころにまた行ってみます。

[`evernote` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

羽田七福いなりめぐり(その1) – 東官守稲荷神社

七福巡りは全国に沢山ありますが (参考 : 全国七福神 ) 、そのなかで「羽田七福いなりめぐり」に行ってきました。これは京急線の糀屋駅から穴守稲荷駅までの間にある八箇所(弁財天が1箇所はいっていて、そこは別格扱いなので合計は8箇所となる)を回って各神社にて御朱印をいたけるというものです。これは、1月1日〜5日だけ行われています – ( 穴守稲荷神社での解説 )。

ということでこの「羽田七福いなりめぐり」の各御朱印をしばらく紹介していきます。

まずは、スタートの糀屋駅から最も近い「東官守稲荷神社」です。こちらは、「身体安全」となっています神社なのですね。糀屋駅から10分ほど歩いて行くと、そこにあらわれたのは「萩中神社」でした。

[mappress mapid=”3″]

 

DSC02342_DxO

東官稲荷神社は、合祀されて萩中神社の中にあるみたいですね。折角なので萩中神社にもお参りして、狛犬をチェックしておきました。萩中神社の狛犬は獅子タイプの狛犬で、阿吽共に重厚感があっていいですね。このぶっとい四肢が迫力あって素敵です。

DSC02345_DxO

DSC02348_DxO

そして、東官守稲荷神社は、萩中神社本殿から左奥側にあります。こちらはお稲荷様が置かれているのですが、いらずら防止なのか、金網に入ってまして、ちょっとビックリでした。

DSC02355_DxO

こちらが右のお稲荷様で巻物を加えているのですが、細部が分かりずらいですね(足下には玉がありますね)。

DSC02353_DxO

左側のお稲荷様は呍形で足下には小さいお稲荷様がいますね。いろいろあるのでしょうけれど、この金網はちょっと残念でした。

DSC02354_DxO

参拝した後は、羽田七福いなりめぐり用に設置されていました御朱印受付所にて御朱印をいただきます。この羽田七福いなりめぐり専用の集印帳もありますので、そちらをいただいてまわるのもいいかもしれません。

羽田七福集印帳

頂いた御朱印がこちらです。右側の黄色い紙は、御朱印を頂いたときに併せていただいたものです。今年の干支が入っていてなかなかカッコイイです。

DSC02461_DxO

以下は備忘録です。

場所
東官守稲毛神社
日時
2013年01月05日(日)
費用
100円
受付
1月1〜5日限定
備考
集印帳は200円でした。
[`evernote` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

私のライフログの作り方 (2014年版)

2年ほど前に「私のライフログの作り方」という記事をポストしました。あの時は、Evernoteがデジタルデータ収集の要だったのですが、2年経過してすっかり変わってしまいましたので、いまの作り方を書いてみます。

まずは基本方針です。ここは変わってませんね。

  • 日日のログはデジタルで集められるだけ集める
  • 集めたログは最終的に紙に出力する
  • 紙はモレスキンにまとめる

最終的にモレスキンに行くのは同じなので、そこまでのプロセスが変わったということですね。今のライフログを作るまでの流れを整理するとこんな図になりました。

ライフログ2014

前回は中央にいたEvernoteがどこにもいませんね。ただ、iPhoneが入力のトリガーなのは、同じです。Evernoteはこの2年間で多機能化を目指したのだと思いますが、私にとってはすっかり重いソフトになってしまいましたので、使ってはいますがライフログのためにというカテゴリからは外れました。

その代わりに使い始めたのがDay Oneです(iPhone真下の本のアイコン)。このDay Oneは個人用の日記タイプのアプリで、TwitterやFacebookといったSNS系との連携はあまり得意で無いみたいです。ただ、そこが逆に良くてあくまで個人に閉じた情報を気軽に残すことができるようになってます。

特にiPhoneから記録すると「記録日時」「お天気」「場所(写真と一緒に登録する場合GPSを記録)」「写真」といった考える限りの情報を纏めて登録してくれます。どこで何を?ということは書かなくても写真を撮っておけばよいので重宝してます(MacでもMarvericksなら場所を記録できるそうです)。

このDay OneはiPad,Mac版もありiCloudかDropboxでシームレスに連携できるので、モレスキンに記入する時はMacまたはiPadで表示しながら思い出して最終的に仕上げていくという具合です(下の画像はMac版)。iPhoneの小さい画像をみながらモレスキンに書くのはちょっと大変ですからiPad,Mac版があるのはありがたいです。

dayone

DayOneで記録するほどでもない場合には、イメージを残したいなら写真を撮って、Flickrに登録するか、場所を記録したいならFoursquareに登録しておきます。

印象深かった風景、建物、場所、乗り物などは映像の力が大きいので取りあえず撮影してしまって記録しておくことにしてます。Flickrは米国アカウントでは非常に便利なアプリがあってさっと登録できるのですけど、日本アカウントからは今だにインストールできないので、もってない方はフォトストリーム経由でMacに送ってしまうのもいいかもしれません。

また、旅行とかの場合は、カメラで撮影してAperture経由で管理しています。このFlickrとApertureの両方の写真で気になったものをPagesに引っ張ってきてモレスキンに張り込めるサイズに加工・印刷して貼り付けてます。

別にPagesでなくてもいいのでしょうけれど、私の場合は、Pagesのマイテンプレートでモレスキンの1ページぴったりのサイズを作ってあるので(下の画像はモレスキンラージ版)、その1枚に入るように画像を拡縮すれば印刷してモレスキンに貼るときに何も考えなくて良いのでPagesを写真の貼り付けとして使っています。

Pagesテンプレートセレクター

最後の場所の記録は、特にメモをとるほどじゃないけど単に場所を記録したいときにFourSquareを使っています(もちろんこちらにもメモは残せます)。ここに記録しておいて、後でモレスキンに書く時にブラウザから見直したり(ブラウザ版Foursquare)、以前に投稿しましたが「GoogleカレンダーにForsquareを連携する」しておくでどこにいつ頃行ったか一覧性がよくなって、DayOneで記録した前後ってどこにいたんだっけ?といった事を拾えるようになります。

ここでXXXしてから、こちらに移動したんだよなあ、といった前後の場所から記録を呼び戻すことはよくあるのですが、そこまで詳細にDayOneでメモをとり続けられませんので、場所だけの場合は、Foursqureを使っています。

2014年1月現在はおおよそこんな流れでライフログをとっています。個人的に一番変わったのは、最後のモレスキンに印刷した物を貼り付けるのではなく、写真以外は全部手書きに戻したということでしょうか。貼り付けるのでも内容的には問題ないのですが、後から紙を捲った時にやけにめくりずらくなってしまったので、モレスキン2冊分ほど印刷パターンを試した後に手書きにもどしてしまいました。

ライフログの集め方に正解は無いと思いますが、これが最近の私の実戦方法でした。

 

 

[`evernote` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る