カテゴリー別アーカイブ: 文房具

Moleskine Laptop caseを購入

モレスキンといえば手帳がイメージされますが、バッグやペンなどに幅を広げて展開を始めた見たいです。

5月から先行発売が開始されているという情報を聞いたので、早速「川崎ロフト」に偵察へ行ってきました。

バッグやバックパップの展示品を触ってみると皮の手触りが良くて、これは手に馴染んでいい感じ。お値段も意外にリーズナブル。品物をチェックしている間に、バックパックや関連商品(ペン等もありました)が次々売れていきます。

いろいろある魅力的な商品なのなかで手を出したのが、Moleskine Laptop case13インチ。

大きすぎないサイズで手になじみやすいのと、何より13インチというサイズが魅力!

そう、13インチといえば、MacBookAir13インチ。これと相性がばっちりです。

MBA13をすっといれて、メモ帳とペンを入れ持ち歩けます。少しノマドで作業したいなというときにMBA13を入れて手軽に持ち出せるバッグがほしかったのですが、これがぴったりのようです。

バッグ外側の皮の手触りもいいですが、内側も手触りがよくていい感じです。

全国展開は7月からのようですが、手帳というイメージだったモレスキンがぐっと広いイメージで展開してゆくスタート地点にいまいるのかもしれません。売り場を見かけたら、触ってしまったら買ってしまう事を覚悟で覗いてみてください(笑)。

[`evernote` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

思わずほっとする手触り:ふみころも (ブックカバー)

本を読む時のブックカバーは何がいいかいつも悩むアイテムの一つですが、ポンピン堂 ( http://www.ponpindo.com/ )さんの商品を手に取る機会があり、そちらの商品である「ふみころも」購入しましたので、ご紹介します。

私が選んだデザインは「帆掛舟」がデザインされた緑色の物です。

しおりがついているのですが「帆掛舟」の意匠の意味や、使用上の注意などがさりげなくかかれていて好感が持てます。

実際に本に入れてみると、柔らかいの布が出触り良くとてもいい感じです。また、折り返し側の布の折り返し位置を調整することで4cmまでの分厚いの本にも対応できる点が良いです。


普段はレザーのブックカバーを使っているのですが、この製品だと手に持った時に柔らかみがつたわってきて安心できるというか、懐かしいという感じがします。

表紙の裏側にはさりげなくお店のURLが描かれていたりして、和風デザインのなかにもモダンな感じがしてあまり宣伝臭を感じないところが良いです。


ただ、手染めの品ですので水濡れ・摩耗による色移りはどうしてもでるそうです。そうした取り扱いの注意は必要です。

新しいガジェットもよいのですが、たまにこうした和風の懐かしい感じのするアイテムも使ってみると素敵な感じです。

[`evernote` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る