DPIと解像度について考えてみました

紙やサイトに画像を掲載する度にちょっと気になるDPI。今回は、これを少し整理してみます。

1.DPIとは?

DPIはDot Per Inchの略です(1インチは2.54cm)。この略が表すとおり1インチあたりのドットの数を表す単位です。

ドットとは、最低単位の画像と置き換えて考えてもよいでしょう(縦1X横1の画像)。このドットには色がついていますのでこのドットが集まって絵・写真として見えるわけです。

気をつけないといけないことは、DPIは1インチ当たりのドットの個数を表わす単位ですので面積当たりの総ドット数を表すものではありません。

例えば、1平方インチ(2.54cm X 2.54cm)を100DPIにしたいとすると総ドット数は、100 X 100 = 10,000ドットとなります。

このことから、同じ面積でも高DPIにするためには、より多くのドットが必要になりますし、同じドット数で高DPIにするには出力する面積を小さくする必要があります。

10 cm X 5 cm (約3.93インチ X 約1.96インチ)に300DPIで印刷したい写真を考えると、1,179 X 588の写真データが必要になります(3.93 X 300と1.96 X 300です)。

ここで用意した写真データ(1,179 X 588)を縦横がそれぞれ半分の5cm x 2.5 cmへ印刷すると倍の600DPIが得られることになります(600DPIが出力可能なプリンターを用意することはもちろん必要ですね)

繰り返しになりますが、出力したいサイズと用意した画像によって必然的にDPIは決まるわけです。

2.解像度

解像度と言う言葉もあります(1600 X 1200等)。パソコン用のモニターなどの設定でよく見かける言葉と思いますが、これはドットの数を示すものです。1600 X 1200でしたら、横に1600ドット、縦に1200ドットが表示できるということになります。

解像度はドットの数を示すものですから、モニターのDPIはこれだけではわかりません。DPIを知るにはモニターのサイズ(インチ数)を調べる必要があります。

つまり同じ解像度でも小さいモニターで見ていれば高DPIになりますし、大きなモニターでみていれば低DPIで見ていることになります。

私の場合、メインモニターが24インチで1900 X 1200(16:10)で表示していますから、約94.3DPIとなります。

サブモニタだと17インチで1280 X 1024(4:3)で表示していますから、約96.4DPIとなりこちらのほうが少し高DPIということになりますね。

DPIと解像度を踏まえて、A4,B5に印刷するときにどのぐらいの解像度が必要になるかを計算してみました。

A4とB5にいっぱいのサイズで印刷したいときに、それぞれ必要な解像度です。A4サイズいっぱいに300DPIで出力する場合は、3564 X 2520ですから約898万ドットが必要になります(デジカメとかを選択する場合には、これ以上の撮影能力があるデジカメでしたらA4いっぱいに印刷しても綺麗に出力される、という目安になるかもしれませんね)。

3.最適はDPIは?

一般的な印刷物は300~350DPIがよいと言われています。後は、印刷したい大きさが分かれば、用意すべき画像のサイズも自動的に導くことができます。

問題は電子媒体のDPIです。

モニターは72~96DPIといわれてきました。これはMacがもともと72dpiで規定されていた歴史的経緯とWindowsが96dpiで作られていることによります。このため、OSが異なると意図したサイズに表示されない場合があります(HTMLでフォントサイズをポイント指定して作成している場合、このポイントをOSのDPIで計算するためWindows用に作られたサイトはMacでみると小さく見える場合があります)。しかしこれはOSが利用しているDPIであり、実際に画面に表示されている解像度は画素数とモニターのインチ数によって決まることは前述した通りです。

見て貰うモニターのインチ数と解像度を想定することによりDPIを検討する必要があります。

こうした組み合わせを考える事の必要性はスマートフォンにもあります。以下に代表的な物をあげてみます。

iPhone4を見た後にiPadをみると文字が汚く見えることがあるのは気のせいではなくDPIからもそれが分かります(iPhone3GSとiPhone4はきれいに2倍のDPIになっていて、純粋に2倍のDPIのデータを用意すればiPhone4に対応でき、用意できない場合でも拡縮表示がしやすい倍率になっているのは良く計算されています)。

4.まとめ

DPIは表示したい大きさ(インチ数)あたりのドットの数で決まりますが、いくつのDPIが最適なのかは出力したい媒体によってそれぞれ考えてゆく必要があるでしょう。

また、出力する相手先が固定できる場合(iPhone4専用と言った場合)は、出力したい解像度に応じた解像度のデータを考えるだけでもよいのかもしれません。

例えば、iPhone4の画面1/4に写真を出したい場合であれば、320 X 480の画像を用意すれば326DPIで画面の1/4のサイズでの表示となります。

ただし、同じ画像をiPhone3GSでも画面の1/4に表示するとなると、プログラムで画像を縮小して160 X 240のサイズまで小さくすることで163DPIに低下させる事がどこかで必要となります(データを縮小しない場合だと、今回の画像の場合はiPhone3GSでは全画面に表示されることになります)。

普段あまり意識していないDPIや解像度。こうした事を考えて画像を用意することでより自分の思い描いた物が見えるかもしれませんね。

[`evernote` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です