Evernoteのノートブックを誤って削除した時の対処方

Evernoteは直接登録するだけでなくMailや他の連携アプリ等様々なアプリケーションから情報を登録することができます。

私の場合、[01未整理]というノートブックを作ってあって、とにかく気になるものはここに入れることにして、登録時に必要かなどうかということを考える必要が無いようにしてあります。

こうした貯まった情報は定期的に見直し、その時に不要な物を消すようにしていました。

ところがトラブルはつきものです。先日、未整理の中身を整理していて不要な情報と思って、削除ボタンを押したら、確認画面が出てきて、「?」と感じながらもクリックをしてしまったのです。

これが「01未整理」のノートブック全体の削除となるともしらずに。

さて、こうなると大変です。ゴミ箱を探してみてもノートはあってもノートブックは無いのでどうにもなりません(復旧の仕方をしかたをご存じの方がいらっしゃれば教えてくださいm(_ _)m)。

こうなると解決できる方法は2つあります。

1つは、Everenoteの同期をしないように直ちに設定を変更して、パソコンにインストールしてるEvernoteを削除してしまうのです。同期が起動する前であれば、Evernote本体のデータには影響がありませんので、再インストールをすることで回復することができます。

私の場合は、ゴミ箱を探している間に同期がスタートしてしまいいくらかのデータが消えたようでした。こうなるともうEvernote本体のデータがいくらか消えているので手元のEvernoteを削除しても改善できません。

もともとこういう事態を想定してEvernoteを他のパソコン2台にもインストールしてあったので、そちらのパソコンを起動し、次にネットワークに接続できない状況にし(無線LANをOFFにしました)、それからEvernoteを起動しました。この状態であれば、謝って削除したノードブックはまた残っていますので、他のノートブックに全て移動させてから同期をし事なきを得ました。

やはり注意力散漫な状態でこういう作業をしてはいけませんね。まとめると以下のようでした。

①データ整理には集中力が必要であること
②複数台のEvernoteがあるなら全て同期してから作業を開始すること
③大きな失敗処理をしたら直ちに同期できない状態にすること(同期が始まっている途中にむりやり停止するとデータ破損の恐れがありますので注意)
④WebのEvernoteにアクセスして残っているノートがあれば他のノートブックに移動すること
Evernoteもローカルに完全なバックアップをとれるのであれば、最初にそれをとってから作業できるのですけれどもね。その当たりがまだ不安なツールです。

[`evernote` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です