穴守稲荷神社御朱印

しばらく前から気になっていた、穴守稲荷神社に参拝してきました。ここのお稲荷様を1度拝見したくて気になっていたのです。

穴守稲荷神社は、羽田空港の建設に伴い移設でいろいろあったとされる神社ですが、現在は京浜急行の穴守稲荷駅から約3分のところにあります。

3分なので行けばわかるや、と思っていって見たのですが、「神社はこちら」といった看板類があまり無いので初めてのかたは駅員さんに一声掛けて教えて貰うか地図を持参した方が確実と思います。

当日はあいにくの曇りでしたので、少し暗い画像ですが、立派な鳥居をくぐって中に。

穴守稲荷神社

いわゆる狛犬がよく配置されている場所に、お稲荷様が設置されていました。色あいといい意匠といい魅力的です。足下の玉状のものが何を表しているのかちょっと分からなかったのが残念でした。

穴守稲荷神社

向かって右側のお稲荷様は足下に子ども?のお稲荷様がいて、これまたかわいらしいです。

穴守稲荷神社

もうすこしアップの画像でみると足下がお稲荷様がわかりやすいですね。よく見るとこちらのお稲荷様も玉を持ってるんですね。

穴守稲荷神社

下の写真の右奥側が本殿・お稲荷様が置かれている場所で左側の建物で各種受付をして貰う事ができます。参拝をして終わった後は、そちらに向かって御朱印のお願いをしました。

穴守稲荷神社

こちらが、穴守稲荷神社の御朱印です。穴守の意匠が、「船と稲穂」の独特なデザインになっていてこれも目を引きますね。御朱印は中でお一人の方が書かれていたようですので、何人かでお願いした際は、少しお時間がかかるかもしれません。

穴守稲荷神社

そういえば、ここの穴守稲荷神社の御朱印帳もありました。お稲荷様のデザインがかわいらしいですね。

穴守稲荷神社

後、この穴守稲荷神社は向かって右奥に千本鳥居があります。私の田舎にはこうした千本鳥居はなかったので初体験でした。この鳥居をくぐっているとこちらの世界とあちらの世界を繫ぐ精神模様を表しているのかな、という気分になりますね。

穴守稲荷神社

以下は備忘録です。

場所
穴守稲荷神社
日時
2013年12月08日(日)
費用
300円
受付
本殿左の建屋で受け付けて頂けます
備考
羽田7福いなりめぐりの最後の神社なので、そちらも併せて巡ってみるとよいかもしれませんね
[`evernote` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です