私のライフログの作り方 (2014年版)

2年ほど前に「私のライフログの作り方」という記事をポストしました。あの時は、Evernoteがデジタルデータ収集の要だったのですが、2年経過してすっかり変わってしまいましたので、いまの作り方を書いてみます。

まずは基本方針です。ここは変わってませんね。

  • 日日のログはデジタルで集められるだけ集める
  • 集めたログは最終的に紙に出力する
  • 紙はモレスキンにまとめる

最終的にモレスキンに行くのは同じなので、そこまでのプロセスが変わったということですね。今のライフログを作るまでの流れを整理するとこんな図になりました。

ライフログ2014

前回は中央にいたEvernoteがどこにもいませんね。ただ、iPhoneが入力のトリガーなのは、同じです。Evernoteはこの2年間で多機能化を目指したのだと思いますが、私にとってはすっかり重いソフトになってしまいましたので、使ってはいますがライフログのためにというカテゴリからは外れました。

その代わりに使い始めたのがDay Oneです(iPhone真下の本のアイコン)。このDay Oneは個人用の日記タイプのアプリで、TwitterやFacebookといったSNS系との連携はあまり得意で無いみたいです。ただ、そこが逆に良くてあくまで個人に閉じた情報を気軽に残すことができるようになってます。

特にiPhoneから記録すると「記録日時」「お天気」「場所(写真と一緒に登録する場合GPSを記録)」「写真」といった考える限りの情報を纏めて登録してくれます。どこで何を?ということは書かなくても写真を撮っておけばよいので重宝してます(MacでもMarvericksなら場所を記録できるそうです)。

このDay OneはiPad,Mac版もありiCloudかDropboxでシームレスに連携できるので、モレスキンに記入する時はMacまたはiPadで表示しながら思い出して最終的に仕上げていくという具合です(下の画像はMac版)。iPhoneの小さい画像をみながらモレスキンに書くのはちょっと大変ですからiPad,Mac版があるのはありがたいです。

dayone

DayOneで記録するほどでもない場合には、イメージを残したいなら写真を撮って、Flickrに登録するか、場所を記録したいならFoursquareに登録しておきます。

印象深かった風景、建物、場所、乗り物などは映像の力が大きいので取りあえず撮影してしまって記録しておくことにしてます。Flickrは米国アカウントでは非常に便利なアプリがあってさっと登録できるのですけど、日本アカウントからは今だにインストールできないので、もってない方はフォトストリーム経由でMacに送ってしまうのもいいかもしれません。

また、旅行とかの場合は、カメラで撮影してAperture経由で管理しています。このFlickrとApertureの両方の写真で気になったものをPagesに引っ張ってきてモレスキンに張り込めるサイズに加工・印刷して貼り付けてます。

別にPagesでなくてもいいのでしょうけれど、私の場合は、Pagesのマイテンプレートでモレスキンの1ページぴったりのサイズを作ってあるので(下の画像はモレスキンラージ版)、その1枚に入るように画像を拡縮すれば印刷してモレスキンに貼るときに何も考えなくて良いのでPagesを写真の貼り付けとして使っています。

Pagesテンプレートセレクター

最後の場所の記録は、特にメモをとるほどじゃないけど単に場所を記録したいときにFourSquareを使っています(もちろんこちらにもメモは残せます)。ここに記録しておいて、後でモレスキンに書く時にブラウザから見直したり(ブラウザ版Foursquare)、以前に投稿しましたが「GoogleカレンダーにForsquareを連携する」しておくでどこにいつ頃行ったか一覧性がよくなって、DayOneで記録した前後ってどこにいたんだっけ?といった事を拾えるようになります。

ここでXXXしてから、こちらに移動したんだよなあ、といった前後の場所から記録を呼び戻すことはよくあるのですが、そこまで詳細にDayOneでメモをとり続けられませんので、場所だけの場合は、Foursqureを使っています。

2014年1月現在はおおよそこんな流れでライフログをとっています。個人的に一番変わったのは、最後のモレスキンに印刷した物を貼り付けるのではなく、写真以外は全部手書きに戻したということでしょうか。貼り付けるのでも内容的には問題ないのですが、後から紙を捲った時にやけにめくりずらくなってしまったので、モレスキン2冊分ほど印刷パターンを試した後に手書きにもどしてしまいました。

ライフログの集め方に正解は無いと思いますが、これが最近の私の実戦方法でした。

 

 

[`evernote` not found]
Delicious にシェア
LINEで送る

私のライフログの作り方 (2014年版)」への3件のフィードバック

  1. ゴクラクテン

    自分もいろいろなアプリや用具を使ってライフログをとっていますが、人のやり方はいろいろと参考になりますね。

    DayOneは、何人かの人が勧めていたので、自分もダウンロードしたのですが、結局使わないままでいました。
    改めて見直してみようかなと思います。

    返信
  2. hal_99 投稿作成者

    DayoneはiphoneとMac側の両方で使い始めて、ああこれは便利と思ってきました。そとでさっとメモをとるのと後で整理するときの両方が同じデータを違うビュー(Macの方が画面が広いので)で見れるのがよかったですね。是非お試し下さい。

    返信
  3. ピンバック: hal99のライフログ:情報の集め方、そして保存の仕方 | Moleskinerie

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です